SUMMIT Ascent is closed because of inclement weather. Information on ticket refunds can be found here.

SUMMIT One Vanderbilt is following all mandated protocols to prevent the spread of COVID-19. Proof of vaccination is required for entry.

私たちがもたらすインパクト

善き行いを実践する文化

私たちは、エンゲージメントの高いコミュニティの創造を目指し、フィランソロピーを企業エクスペリエンスの中心に位置づけています。

社会への還元

Food1st Logo

2020年4月SLグリーン社は、新型コロナウイルスのパンデミックへの支援策として、501(c)3の適用を受ける非営利イニシアチブであるFood1stを立ち上げました。このイニシアチブは、それまでの数ヶ月の間にニューヨーク市で拡大が進行した食糧不足の改善を目的とするものです。

Food1stのミッションは、外食産業との提携を通じて、食糧へのアクセスが限られている地元住民や救急サービスの従事者に対する食糧の供給を支援することにあります。これは同時に、支援を必要としているニューヨーク市の外食産業の活性化を手助けする形にもなります。

Food1st財団はシェフのダニエル・ブールー氏とのパートナーシップによって立ち上げられたもので、ブール-氏は、商業地区にあるプレパレーションキッチンを活用し、自分のスタッフ達を呼び戻した上でニューヨーク市の看護師や初動対応任務の従事者に対して食糧を供給することから、このイニシアチブを開始しました。過去1年間で、Food1st財団は、60万食を超える食事を、ニューヨーク市中の130超の現場にいるお腹を空かせた配布対象者へ提供してきました。

Food1st財団は、地元経済を担う重要な分野であり、数十万人もの人々を雇用しているにも関わらず、苦境に立たされているニューヨーク市の食品・飲料分野を支えることを目的としています。Food1stは、30を超える調理場や数百人の調理スタッフと協力して、このプログラムの支援対象エリアの拡大を図っています。

SLグリーンと、500を超える当社のパートナーやフレンドは、現在までに500万ドルに達しようとする金額をこの重要な活動に投じてきました。

LEED Platinum Recognition

持続可能性

ワン・ヴァンダービルトは、ニューヨーク市における高性能ビルの水準を引き上げ、持続可能なデザインと運営に重きを置いた比類なき都市体験を提供します。

建設着工前の段階で、ニューヨーク市において最小のカーボンフットプリントを達成するビルの実現をすでに計画していました。私たちは最高水準を維持しつつ、結果を数値化できる設計、運用、および保守の領域においてパフォーマンスベースのアプローチを採用しました。額面通りに受け取るのは好ましくありません。他のビルと比較した場合にワン・ヴァンダービルトを差別化している特徴を、建設時から、ビルのライフサイクル全体に渡ってチェックして見ましょう。

プロジェクトの解体工事および建設工事期間中における当社のリサイクル率は75%に達しました。この結果は、市内全体の建築用ブロック資材の再利用や、埋め立て地からの廃棄物の転用によって可能となったという点においてユニークな事例になります。

未使用の資源の利用を最小限に抑えるために、リサイクル素材を90%使用したコンクリート基礎用の鉄筋を調達しました。

エネルギー消費性能の最適化に比重を置いたこのビルは、ビルにおけるエネルギー関連特性の基準を定めているASHRAE 90.1-2007ベースライン比で、26%の省エネを実現できるように設計されています。

ワン・ヴァンダービルトには、断熱性の向上により冷暖房効率を改善し、エネルギーの浪費を削減する高性能窓ガラスが設置されています。

SLグリーンは、ミッドタウンの地域社会で利用されるインフラの強化を目的として、公共部門、および交通機関の運用改善に対して2億2,000万ドルの投資を行いました。

多様性に対する当社のコミットメントに沿う形で、工期通算で19%の建設業者がM/WBE認証企業で構成されました。

ワン・ヴァンダービルトの1.2メガワットのコージェネレーションシステムがオンサイト発電を行い、ビル全体の電力使用量のほぼ50%をまかなうと予測されています。この先進テクノロジーによってニューヨーク市の送電需要の軽減が図られ、廃熱がなくなります。

15万ガロンの雨を回収処理するシステムを活用することで、タワーの冷却水需要が年間100万ガロン低減されます。ワン・ヴァンダービルトには、水使用量を40%削減する超高効率の給水栓も装備されています。

ワン・ヴァンダービルトの共用部分における照明電力密度と占有センサーを削減することにより、建物のエネルギー消費量が低減されます。

ワン・ヴァンダービルトは、ニューヨーク市全体の電力消費量が高く電力網に負担がかかっている場合に不要な機器や照明を自ら停止することを通して、インフラ需要対応プログラムに参画しています。

乗り場側行き先階登録システムを採用したエレベーターは、エレベーターの利用体験を向上させるだけでなく、近接した階数を目的地とした利用者をグループ化することでエレベーターの停止回数を減らし、エネルギーを節約します。

ワン・ヴァンダービルトのビル管理員チームは、色分けした廃棄物管理システムを使用して、建物全体のリサイクル率を促進および改善することを目的とした継続的なトレーニングを受けています。

WELL Health-Safety Rating

ウェルネス

ワン・ヴァンダービルトは、ニューヨーク市で最も安全で、衛生的、健康的なビルを目指して設計されています。

高品質の空気と水、清掃と殺菌消毒、自然光、および建築設備の強化など、ウェルネスの要素へのきめこまやかな配慮が、この建物を特別なものにしています。同時にこれらの要素は、健全な環境を確立する基準を高めることにも寄与しています。

空気ろ過

建物全体のHVACシステムには、浮遊粒子の95%超を捕捉するMERV-16フィルターメディアが装備されています。このろ過レベルは、MERV-9フィルターの使用を規定しているニューヨーク市の省エネ基準の要求事項を大幅に上回っています。粒子の99.99%を捕捉できるHEPAフィルターを、共用スペース全体に配置しています。

換気能力の強化

機械システムが外気の供給量を増やし、ろ過された新鮮な空気を継続的に建物全体で循環させます。ワン・ヴァンダービルトは、ASHRAE規格で推奨されている外気供給率を30%上回っています。

大気質の常時モニタリング

共用部分の空気の品質は、二酸化炭素、粒子状物質、VOC、温度、湿度その他の指標を測定するリアルタイムの大気質レベル監視システムであるWellStatによって保証されています。

水質汚染物質検査

すべての飲用水は、鉛、銅、濁度、消毒副生成物、肥料、およびその他の有機汚染物質について、給水ポイントで四半期ごとに検査を受けます。水質検査は、WHOと環境保護庁によって公表されたしきい値に基づいて、外部の第三者によって実施されます。

湿度管理

意図しない湿気量を最小限に抑え、建物の利用者を健康への悪影響から守り、機械システムを物理的あるいは化学的な損傷から保護するための事業戦略です。検査プロトコルの一環として、水の浸潤、漏れ、カビの生育が発生していないかどうか定期的な評価を行い、是正措置を実施します。

大気質の常時モニタリング

共用部分の空気の品質は、二酸化炭素、粒子状物質、VOC、温度、湿度その他の指標を測定するリアルタイムの大気質レベル監視システムであるWellStatによって保証されています。

汚染物質管理

建物のすべてのエントランス部分には、土壌汚染物質と粒子状汚染物質を抑制する設計を施しています。これらのエントランスシステムには、徹底的な洗浄工程を経たグリル、スロット、およびロールマットが配置されます。

UV-C紫外線消毒

サミット・ワン・ヴァンダービルト内のエスカレーターの手すりにはUV-C光技術を利用した消毒を施しており、表面の細菌やウイルス粒子の99%超を破壊し、接触が多くなる場所での拡散や感染を予防します。

採光へのアクセスの強化

ワン・ヴァンダービルトは、床から天井までの窓と、コラムレスな床板を通して、床面積の85%の部分で採光へのアクセスを意図的に最大化する設計を施しています。建物内のこうした照明環境は、視覚的効果、体内時計の調整、メンタルヘルス向上といったメリットを生み、生産性の向上にもつながります。

快適な音響は、サウンドマッピングを通してワン・ヴァンダービルトのインフラに統合されています。内部空間の音環境に影響を与える可能性のある内部および外部のノイズ源を考慮した上で、建物全体のバックグラウンドノイズを低減する設計が施されています。

ワン・ヴァンダービルトが受けた認証

LEED Platinum Recognition

LEED v3 プラチナ認証

LEED v4 ゴールド認証の獲得も目指しています
WELL Platinum Certification

WELL v2 プラチナ認証

認証獲得に向け進行中
WELL Health-Safety Rating

WELL健康安全性評価